2009年10月31日

のだめのだめのだめ

 昨日は少し早めに仕事を切り上げて、娘とカミサンを連れて東京国際フォーラムへ。『のだめオーケストラコンサート』を鑑賞に行ってきました。

http://www.fujitv.co.jp/events/classics/nodame09/index.html
(のだめオーケストラコンサート)

18時会場ということで時間ぎりぎりでしたが何とか間に合いました。初めてのクラシックのコンサートということで服装は?マナーは?などいろいろ考えましたが、まあ良くも悪くも『のだめ』ということで、いつもどおりの服装でお邪魔しました。

 演奏された曲は

ベートーヴェン交響曲第7番第1楽章と第4楽章
ジョージ・ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー
ジョゼフ=モーリス・ラヴェル ボレロ
チャイコフスキー 1812年
ヨハネス・ブラームス 交響曲第1番

などなどです。初めて生でクラシックの演奏を聞きましたが、やっぱりすごいですね。感動しました。自分も一つぐらい楽器を習っておけばよかったなあと思いました。


posted by たくろう at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

サンマを焼いて頂きました。

 昨日はスーパーでサンマ10匹500円のタイムセールコールに反応、思わず購入(汗)そうだ!七輪があるじゃないか!

 ということで、姉家族、実家そして我が家の夕飯は決まりました。

 夕方から七輪に炭を並べ準備開始。20分ほどで火をいれ、さあスタート!火で炙られたサンマが自らの油を炭に落とし、更に火力を増します。バチバチすごい音と共に煙がもやもや出てきます。皮に焦げ目がついたところでひっくり返し、更にバチバチ焼きを入れます。計10分ほどで焼きあがりました。

 これが今まで食べたことのないぐらいに美味しい!オーブンやガスコンロでは味わうことが出来ない美味しさでした。これからサンマは七輪だ!

 昔はみんながこんな美味しい調理方法で料理していたわけですね。こういう道具を使った時代に育った方々が、現代人より舌が肥えていたのは確かですね。

 次は七輪で何を作ろうかな。
posted by たくろう at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

畑の近況

 会社が移転後約2ヶ月が過ぎようとしています。お庭にも所々変化が見えます。

DSC_0002.JPG

 まず駐車場とお庭の境目あたりにミョウガが出てきました。これは楽しみかも。

DSC_0003.JPG

 そして何かわかりませんが、赤い実が生れていました。食べることが出来るのだろうか。。。

 畑の野菜たちもぐんぐん成長しました。

DSC_0005.JPG

 ミズナはもう食べることが出来そうですね。シャキシャキしておいしそう!

DSC_0006.JPG

 葉っぱのほとんどが虫に食われて絶滅かと思われたカリフラワーもその後立ち直り、白い頭を大きくし始めていました。力強いですね。

 もう寒くなってきましたが、野菜は元気です!来年の今頃はここで出来たにんにくを七輪で焼いて食べたいな。
posted by たくろう at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

いもイモ芋

 先日の田園倶楽部で大漁の芋を入手したということで、

DSC_0002.JPG

 早速七厘と石焼き芋の釜を買ってきました。カインズで七輪が1280円、石焼き芋釜が980円だったかな?さらに燃料として備長炭を買いました。

DSC_0003.JPG

 この備長炭が厄介でした。まず火がつかない!七転八倒しているところで大工の田中さんがやってきました。田中さんも交えて新聞紙に火をつけたり、キッチンコンロであぶってみたりしましたが、やはり火はつかず。そこで田中さんが鍋などで使う家庭用ガスボンベ用のバーナーを持って来てくれました。これで強引にあぶり、バチバチ音を立てながらやっとの思いで火が着きました。ネット検索してみるとやはり皆さん備長炭に火をつけるのは苦労されているようですが、このバーナーを使った方法はお勧めできません。バチバチ小さな破裂をお越し、火花が散ります。顔に当たると結構痛い。。。そして熱い!

 DSC_0007.JPG

 苦労した甲斐があっておいしい焼き芋ができました。
posted by たくろう at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 田園倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

花信風舎米を買ってきました。

 今日は鬼塚さんと小橋さん宅へ行き、花信風舎米を購入してきました。

DSC_0001.JPG

 毎年頂きますが、これがおいしい!今年はコシヒカリとミルキーのブレンド米で一キロ400円での販売です。ミルキーが混ざる分だけ通常のコシヒカリよりもち米に近く感じます。食感はとてもモチモチしてて味わい深いです。すぐに売りきれてしまうので、この機会に是非!
posted by たくろう at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

今日は田園倶楽部の稲刈りでした。

 今日は久しぶりの田園くらぶ、小雨の振る寒い中でしたか開催されました。今日は稲刈りと芋ほりです。

DSC_7612.JPG

今年も立派に実りました。

DSC_7602.JPG

まず作業に入る前に恒例の小橋さんのお話から。今日の予定から稲のお話まで。いつもながらとても面白いお話をお聞かせいただきました。

今回は昔々活躍していた農機具たちが出てきました。小橋さんのコレクションからの抜粋です。

DSC_7603.JPGDSC_7608.JPG

これらを使っていつもより少し稲刈りを楽しみます。

DSC_7621.JPG

まずは稲を刈ります。これは毎年恒例の光景ですね。のどかな谷津田での野良作業は心も体も癒されます。

DSC_7637.JPGDSC_7656.JPGDSC_7645.JPGDSC_7651.JPG

続いてセンバコギ、トウミの出番です。これは結構忍耐力が必要です。これでも昔は画期的な道具だったことでしょう。

しかしながらやはり後ろからジワリ、ジワリと頼もしい白いやつが近づいてきました。これからはコンバインの出番です。

DSC_7666.JPGDSC_7674.JPG

一人三役こなすコンバイン。これがあるとあっという間に作業が終わります。

今日刈った稲はしばらく自然乾燥させ、その後乾燥機に入れます。1日ほど乾燥機に入れたところで食べられるようになります。楽しみですね。

続いて芋ほり。以前は畑に栄養がありすぎてお芋が均等に成長せず、極端に大きな物と小さな物が出来てしまいました。今回はそんな教訓から芋用の堆肥以外は使用せずに育てました。

するとなんと!売っているのとそん色ないほどのおいしそうなサイズのお芋が出来ているではないか!

DSC_7723.JPGDSC_7748.JPG

みんな袋いっぱいお持ち帰りいただきました。最後に今日のベストスマイル。

DSC_7753.JPG

ご参加いただきました皆さん、寒い中でしたが今日はお疲れ様でした。またのご参加お待ちしています。
posted by たくろう at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 田園倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

看板がもう少しで完成です。

 今回移転にあたり、リホームをお願いした田中さんが歌舞伎門風の看板を作成してくれました。まだ完成ではありません。あとは屋根材の銅版を乗せるだけです。

DSC_7597.JPG

 実はとても凝った和風建築で、細部にいたるまでこだわりのある看板です。田中さんは丁稚から修行して来られた方なので、人間的にも魅力のある方です。当社でお取引後、もし大掛かりなリホーム希望がありましたら、田中さんをご紹介させて頂きます。和風建築の建物が欲しいが、新築希望という方にも対応することが出来ます。頼もしい大工さんです。
posted by たくろう at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

 長柄町に鴇谷(トウヤ)という地名がありますが、この『鴇』という漢字、『トウ』という呼び名では出てきません。『トキ』と読みます。そう、あの絶滅したトキです。長柄町には横穴古墳群があり、その壁画にもトキらしき絵が書かれています。昔はこのあたりにもトキが飛びまわっていたのでしょうね。

 東金の地名の由来も『鴇が峰』から来ているという説があります。鴇がたくさん舞っていたのでしょうかね。
posted by たくろう at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

稲刈りに行ってきました。

 昨日は小橋さんの稲刈りをお手伝いしてまいりました。小雨の振る中でしたが、久しぶりの収穫行事ですから、参加しなきゃ!

DSC_2701.JPG

 例年通りオダカケします。これをするのとしないのとでは、出来上がった味に雲泥の差が出ます。農家さんでも自分の家で食べる分だけはオダカケするという方も多いです。せっかく実ったお米を機械で乾かすなんてもったいないですよね。最後まで大自然の恩恵を受けて仕上がって欲しいものです。
posted by たくろう at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。