2008年11月11日

新築工事その1

現在実姉の家が新築中で、先日建前がありました。柱を次々と立てて行きます。

DSC_0020.JPG

全ての柱を立て終わると、足の踏み場も無いほど?に思えるほどの柱が立ち並びました。通常の平屋建てより1.5倍ほど柱の数を多くし、壁の中には筋交いが入ります。これなら地震に強い、強靭な平屋建てが期待できますね。

大工さんはいつもの田中さんで、とてもきめ細かなメインテンスをしてくれます。予算に合わせて最高の家を提供できるのは、やはり丁稚から鍛え上げられたその技術、腕のおかげでしょう。もちろん刻みもできますからね。融通が利くわけです。

なかなか良い中古住宅が見つからないという方、頑強な家が欲しいという方は新築を一考してみてはいかがでしょうか。


posted by たくろう at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。