2013年12月19日

WindowsVistaからWindows8への引っ越し

2007年から使っていた相棒が悲鳴を上げ、そろそろ寿命が近いことを察し、新しい相棒へのお引越しをしました。元々評判の悪かったVistaでしたが、6年間、よく頑張ってくれました。最近では処理速度がかなり落ち、カードリーダの認識もできず、CDromも読み込めずな状態が続いていました。

WindowsVistaからWindows8への引っ越しは、まずWindows転送ツールを使いました。これでCドライブのデータはすべて移動OKなはず!ということで夜設定して、朝までに終わっている予定でした。が、翌朝適合性を調べていますの状態のまま。。。セキュリティソフトの制限を開放するのを忘れていました。。。

ということで朝から無事転送開始。CドライブのほかにE、Fドライブ(それぞれ1TB、2TB)がありましたが、ドライブごと移動したので簡単でした。

メールソフトはサンダーバードを利用していますが、これはバックアップソフトで楽々復元。IEはWindoes転送ツールで引っ越し済み。ということでとんとん拍子で作業が進んだわけですが、困ったのがadobe系のソフトでした。

私が持っているAdobe系のソフトは、Dreamweaver以外はWindoxs8未対応。何らかの障害が出るかなあとは思っていましたが、やはり出てしまいました。いろいろ検索しましたが、program files x86内のcommon file→adobe→caps内のファイルを操作することでインストールできました。

ここまで約2日。

おかげさまで現在快調快調〜!やっぱりIntel Core i7最高です。


posted by たくろう at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。